青空と家

横浜の会社から任意売却支援を受ける事で効率よく債務処理ができる

住宅ローンの借入金の返済に困ったら任意売却

窓

住宅ローンの借入金の返済が続けられなくなってしまったときには、一般的に担保となっている自宅が競売に掛けられることになり、その売却代金をもって住宅ローンの借入金の返済に充てられることになります。しかしながら、競売による担保不動産の売却においては入札によって売却先が決まってしまうために通常の不動産売買のような価格での取引には期待することができません。競売による不動産の売買では市場価格の何割か少なめの金額で売却が成立してしまうというのが通説となっています。
したがって現在利用している住宅ローンの借入金の返済が現状の収入では到底続けられないという場合には横浜の任意売却専門の不動産会社へ相談をすることをおすすめします。もちろん、横浜の任意売却専門の不動産会社へ依頼をしたからといって住宅ローンの借入金の残りがゼロになったり、担保となっている自宅を売却しなくてもよくなるというわけではありませんが、競売よりも任意売却の方がより高い価格で自宅を売りに出すことができますし、その結果として借入金の返済に多くのお金をまわすことができるようになります。
住宅ローンの借入金の返済が思うようにいかずに自宅を競売に掛けられてしまいそうなときには思い悩まずにまずは横浜の任意売却専門の不動産会社へ連絡を入れて、任意売却をすることのメリットについて詳細な話を聞かせてもらうようにしましょう。

トピックス

post list